ランディングネット

ランディングネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ペルセウス座流星群


星降る熱帯夜、ペルセウス座流星群各地で観測
読売新聞
夏の天体ショー、ペルセウス座流星群が12日夜から13日明け方にかけて全国各地で観測された。 寝苦しい熱帯夜となった福岡県前原市でも13日未明、流れ星が夜空に幾筋もの光の線を描いた。多い時は、1時間に10個程度の流星を肉眼でも観察できた。 ...(続きを読む)


ペルセウス座流星群 13日未明最多 浜松で観望会
静岡新聞 (会員登録)
三大流星群の1つ、ペルセウス座流星群が13日に出現のピークを迎える。新月に当たり月明かりの影響を受けないため、よく見えると期待される。出現は前後数日間にわたり、国立天文台がインターネットで夏休みの親子らに観察を呼び掛けているほか、県内の天文台も観望会を ...(続きを読む)


2007年ペルセウス座流星群の出現予測
アストロアーツ
今年のペルセウス座流星群の活動について、 SETI 研究所のPeter Jenniskens氏が予測を発表した。 Jenniskens氏によれば、最大のピークは世界標準時(以下同)8月13日午前10時(日本時間13日午後7時、以下同)で、ZHR(解説参照)は80±20個程度。それに加えて、出現数は ...(続きを読む)


ぺルセウス座流星群観測会 12日に日原天文台
山陰中央新報
夏の夜空の天体ロマンに浸ろうと、津和野町枕瀬の日原天文台で十二日、ペルセウス座流星群観測会が開かれる。 ペルセウス座は、北東の夜空を飾るW字のカシオペア座近くにあり、十日ごろから放射状に夜空を横切る流星群が見られる。ピークは十三日午前八時ごろで、一時間 ...(続きを読む)



見はぐったペルセウス座流星群が活発化!国立天文台、「夏の夜・流れ星 ...
ペルセウス座流星群の活動が活発になる8月11日の夜から14日の朝にかけて、15分以上夜空を眺め、その間に何個の流れ星を見ることができたかを専用の報告ページに報告するというもの。携帯電話からでも参加できる。報告する項目は、「流星を見た ...(続きを読む)


国立天文台関係ネタ発見! [ペルセウス座流星群]13日明け方にピーク ...
夏の夜空を彩るペルセウス座流星群が13日に出現のピークを迎える。晴天に恵まれれば、1時間に30個を超す流星が見られる可能性がある。国立天文台は「13日明け方が狙い目になる。今年は13日がちょうど新月で、月明かりに邪魔されない最高の条件で ...(続きを読む)


[ざれごと]ペルセウス座流星群。
真夜中過ぎてから庭に出て観測。寒かったんで5〜6個眺めて撤収。だいたい5分に一つペース。きっと山の上だともっと良く(たくさん)みれたんだろう。(続きを読む)


話題の流星群って知ってます?
ペルセウス座流星群が13日未明から明け方にかけて出現のピークを迎え、各地で天文ファンが流星観察を楽しんだ。 国立天文台によると、ペルセウス座流星群は毎年8月12〜13日ごろを中心に活動が活発になる。今年は13日が新月で月明かりに影響され ...(続きを読む)




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。